Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c8090803/public_html/muttapapa.blog/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
【ConoHa WING】SSLサーバー証明書の有効期限切れの対処方法

blog運営

【ConoHa WING】SSLサーバー証明書の有効期限切れの対処法

こんにちは。むったパパです。
先日このような表示がされました。

何ですかこれ?

ブログにアクセスしようとしたら『接続はプライベートではありません』の表示が出てきました。

ブログ初心者の私は????
こんな状態です。

そこでネットで調べてみると

・SSLサーバー証明書の有効期限切れによるもの
・不正な侵入があった
・パソコンの時計とシステムの時計が違う

などの問題が発生した場合に 『接続はプライベートではありません』 は表示されるようです。

もっと調べていくと 【SSLサーバー証明書の有効期限切れ 】によって表示されることが多いという情報でした。

私の場合も【SSLサーバー証明書の有効期限切れ】による表示でした。

下線の部分が今回の問題点

今回は 【SSLサーバー証明書の有効期限切れ】について対処方法をお伝えします。

※私が利用しているサーバーはConoHa WINGのためConoHa WINGを使用している方向けの内容になります。

なぜSSLサーバー証明書が有効期限切れになったのか

私はConoHa WINGの無料独自SSLを利用しています。

調べてみるとSSLサーバー証明書の更新は自動で行われます。

独自SSLの有効期限は自動更新されますので、一度設定しただけで半永久的に維持でき、更新忘れによるSSL失効の心配は要りません。

ConoHa WING HP 独自SSLより引用


なので利用者は特に気にしなくても良いとのこと。

しかし何らかの事情で自動更新が失敗した場合にメールが届くことがあるようです。

以下の内容

ConoHa WINGからメールが届いてましたが、気づきませんでした。

メールが届いているので自動更新は失敗ということになります。
この場合は手動で更新をしていきます。

以下が手動更新の内容です。

SSLサーバー証明書が有効期限切れになった場合の対処方法

”ConoHa WING ご利用ガイド 無料独自SSLの更新について”より引用

ConoHa WING ご利用ガイド にも書かれていますが図で説明していきます。

OFFにすると「利用設定中」という表示がでます。(約5~10分)

その後OFFの状態で「利用中」が表示されたら再度ONを クリック 。

また「利用設定中」が表示されるので「利用中」になるまで待ちます。(約1時間程)

「利用中」 になればサーバ証明書の手動更新は完了となります。

※OFF・ONの切り替えで時間がかかりますが気長に待ちましょう。

まとめ

今回は ConoHa WING を利用している方に向けて【SSLサーバー証明書の有効期限切れについての対処方法】を説明しました。

内容は以下の通り

・SSLサーバー証明書の有効期限が切れてしまうと『接続はプライベートではありません』と表示されアクセスできなくなる

・SSLは通常自動更新されるけどメールが届いた場合は手動更新を行う

・更新する場合はSSLを1度OFFにして再度ONにするだけ。

ブログを運営していくうえで必須となるのがSSLです。

SSLの有効期限が切れる前に対処すれば何も問題はありません。

私のようにメールに気付かなったという方もいらっしゃるのでは?

メールが届いても今回の手順でSSLサーバー証明書の再更新を行えば解決します。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

むった

北九州市在住の35歳【経歴】介護福祉士15年目/AFFINGER6愛用。【趣味】スノボ/マンガ/子どもと遊ぶ/ワンコと遊ぶ。|むったパパブログでは人の役に立つをモットーに情報発信をしていきます。趣味や日常で気になったものを紹介していく雑記ブログになります。

-blog運営
-,